太ももの毛を剃るとチクチク痛いので要注意ですからね

ムダ毛の処理法 髭がいらないから処理 耳毛が多いし濃い 鼻毛はいらないしうざい 胸毛を処理する男 陰毛の長さや多いときの対策 すね毛の処理法

太ももが毛深いので処理を決意

 

太ももが毛深いので、処理をしようと決意。
張り切ってシェーバーで根こそぎ処理をしたのですが、やばいことが起こりました。

 

それは、チクチクとした痛い感触。

 

ズボンをはいていないときはいいのですが、履いているときは毛の濃かった太ももの裏側が、特にチクチクして痛い。

 

 

嬉しかったのはその日だけで、翌日から、太もも部分の違和感に悩まされることになったんです。

チクチクした場合の対策

この場合にできることは、保湿剤での保護くらいになってしまいます。

 

もしも、もしも可能でしたら、タオルなどをまきつけたり、女性が使う生理用品を付けたりすると、毛がズボンに引っかかるということがなくなりますので、チクチクは劇的に軽減します。

 

チクチクした痛みが無くなれば、イライラすることも無くなり、穏やかな気持ちになれますよ。

 

 

ただ、タオルや生理用品というのは、現実的ではありませんね。

 

陰毛処理によるチクチクであれば、生理用品は現実出来ではありますが…。

赤くなり見た目が汚くなる

これもけっこう問題なのかなと思うんですよね。
キレイになるために剃ったのに、その結果が赤いぶつぶつ。

 

かゆいし、痛いし、赤いぶつぶつもあるしだと、本当に憂鬱になります。

 

 

自分自身で見て痛々しいのですから、周りの人が見たら、痛々しさは倍増するんじゃないかなって思います。

太ももの毛をどうにかしたいのであればできることは3つ

剃るとチクチクするので、それ以外で対策を練る必要があります。

 

抜く

毛抜きや、脱毛ワックス、脱毛テープで抜く方法です。
抜けば、衣類に毛が引っ掛かって毛穴に刺激を与えてかゆみやチクチクが出るということはありません。

 

ただ、抜くときに痛みがありますし、脱毛ワックスや脱毛テープではキレイに抜くことがなかなかできません。

 

脱毛

先ほどの、抜く系脱毛とは違い、この脱毛は、毛母細胞を破壊したり弱らせたりすることにより、太ももの毛を生やさなくする方法になります。

 

究極の太ももの毛対策になりますが、毛を剃ってからしか照射ができませんので、最初の1回は、どうしてもチクチクを我慢しなくてはなりません。

 

しかし、それに見合う明るい未来が待っています!

 

 

一度脱毛をしてしまえば、二度と汚い太ももの毛に悩まされることはありませんし、太ももの裏も内側も、すっきり爽快になりますよ。

 

脱毛につきましては、こちらのページにもっと詳しく書いています。

 

 

⇒男が脱毛をするならこれしかない!

 

抑毛

聞きなれないムダ毛処理方法だと思いますが、これは、大学教授や医学博士が認め、推奨している方法になります。

 

詳しいことを書くとものすごく長くなるので、別のページにまとめました。
興味があるとき(湧いたとき)には、ご覧いただければ幸いです。

 

⇒剛毛な男に抑毛剤を使うと効果的

まとめ

太ももを剃ると、高い確率でチクチクして、痛い思いをします。
それを回避する方法は、3つあります。

 

どうしても剃る方法しか選択できない場合で、チクチク痛い思いを回避したければ、タオルか女性用生理用品でカバーすると、刺激は激減します。

 

ただ、あまり現実的ではないかな…という印象ですね。

(スポンサードリンク)

モテる男は始めている!最強のムダ毛対策はこれだ!

関連ページ

太ももの裏の毛が濃いときの処理
太ももの裏の毛って、結構もじゃもじゃしてますよね。自分じゃ意識しないと見えませんが、かなりもじゃもじゃになっています。これって、汗をかいた時とかベターっとくっついて、とんでもなく哀れ…。ですから太ももの裏の毛は処理するべきだと思うんです!
太ももの毛の処理を男がするときの選択肢
太ももの毛を処理するときには、4つの選択肢があると思います。このページでは、そのあたりについて、詳しく説明をしていきたいと思います。

究極のムダ毛処理方法!

毛が濃い男の処理法

部位別の情報

毛が濃い男のデータや色々な情報

管理人